メガバンクでお金を借りよう

メガバンクのカードローンは無難な選択肢

メガバンクと呼ばれる大手銀行は、総じて金利が低いのがメリットです。
中小規模の銀行の場合だと年率に差があるので、よく比較して選ばないとノンバンク並みの金利で借りてしまうことになります。
その点、メガバンクは総じて年率が低いので、どこから借りても失敗はないと言えます。
最高年率が14%台に設定されているので、ノンバンクよりもかなりお得です。
消費者金融からお金を借りる場合ですと、17%台で借りられれば成功と言えます。
10万円程度の少額の借入なら年率にそれほどこだわる必要はありませんが、50万円以上を借りるような状態なら小数点の年率も無視できません。

カードローン契約書で見られる遅延損害金とは

カードローン契約書の内容は熟読しましょう

カードローンを契約する際には必ずカードローン契約書が発行され、その内容をしっかり確かめた上で納得が出来たのであれば契約をするということになります。
こうした契約書に関しては「当然のことしか書いてないだろう」と考える人もいるのですが、それは非常に危険な行為だと考えておかなくてはなりません。
カードローン契約書はこれからの借金の内容を示した契約書であり、契約者は今後、その契約書に記載されたとおりに借金を返済していくことになるからです。
そしてそのカードローン契約書を熟読していくと、まず間違いなく目にすることになるのが「遅延損害金」です。
損害金という名前からもわかるように、これは契約者が契約違反をした時にカードローン会社に対して追加で支払うことになる費用です。
適切に返済が出来ていればこれを支払うということは早々ありませんが、しかし事前に知っていないと後になってから大きな後悔をしてしまうこともあるのです。
利用中にわからないことがあった時にその業者へ電話をして確認を取るということはもちろん必要ですが、しかしその前にカードローン契約書をしっかり読み、理解しておくように心がけましょう。

家族全員の生活費に使うカードローンなら内緒にしないこと~まあ秘密はバレるw

カードローンの利用は家族に内緒にしてもかまいませんが、話したほうがよいケースもあります。
それは、食費、光熱費、教育費など、個人的消費ではなく生活費のために借りる場合です。
主婦が夫に内緒でカードローン契約をする場合は、生活費の調達という理由が圧倒的に多いです。
本人に年収がなくても、配偶者の年収が審査基準にパスできれば融資してくれるローンもあるのです。
ただし、夫に黙ってローンを組んでしまうと、借金が発覚したときトラブルの原因となりますので、事前に話し合ってから借りたほうがいいでしょう。>>お金借りる即日
主婦の方が自分で稼いで収入を得ている場合ならば、個人的消費として借りるなら家族に話す必要はありません。
しかし、やはり生活費のために借りざるを得ない状況ならば、家族全員に話しておくべきでしょう。
ローンで生活をしている状況で、家族が贅沢をしている状況は好ましくありません。
ローンの利用を家族が知らなければ、うちにはお金があるのだと勘違いしてしまうケースもあるでしょう。
個人の消費を超えて、家族全員が借りたお金を使用するような状況ならば、家族会議でローンを利用する旨を伝えておくことです。
そうすることで、節約にも協力的になってくれるはずです。